恋するように写真を撮ろう

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年夏 広島へ

<<   作成日時 : 2014/09/07 22:28   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 14

2014年 集団的自衛権の行使を認めることが閣議決定され

画像


かつて原爆を投下した爆撃機エノラゲイの最後の乗組員はこの世から消えた


画像



被爆体験の語り部は暴言を浴びせられ



画像



ネット上では暴言に賛同するような信じられない書き込みもあった




画像



豊かな日本に生まれ


画像



当然のように生きてきた



画像



玉石混淆の膨大な情報から何を選び、何を捨てるか



画像



次世代を考えるようになって


画像





かつてこの国に起こったことを、きちんとこの目で見たいと思った


画像





※夏休み、家族で広島を訪れていました。

雪国の私たちは、山の斜面にたくさんの住宅が建っていることが珍しく

「ここは雪も降らないし、降水量も少ないから大丈夫なんだね!」と話していました。

まさか数日後に大規模な土砂災害が起こるなんて想像もせず・・・・

被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
広島からベトナムそして広島と赴任している次男。
住まいは安佐南区、数キロ離れていたので難を逃れたのは何より。
嫁共々こちらでも被災、あちらでも被災で何とも・・・。
以前から問題視されていたエリアと言う事ですが、昔から住んでいる方達は異口同音に「建ててはいけない場所」と言っていたらしいです。
先人のアドバイス、聞いておくものですね。
それにしても予想以上の犠牲者と被害、心からご冥福とお見舞いを申し上げます。
suikoushiya
2014/09/08 10:29
こんばんは〜
夏休暇頃、丁度台風や爆弾低気圧で雨多かったので、
広島行かれたのかな〜?と思ってました。
原爆ドーム、日本人だったら是非1度は目にしてほしいです。
私の両親も長崎原爆被爆者です。亡き父が戦争や原爆体験者として、
私達子供が父に聞いた話を姉が本にまとめてます。
今や語り部な居なくなってるので、貴重だ!と思ってます。
miyo
2014/09/08 21:53
ついに広島旅行がアップされましたね。
私も数年前に広島へ行った時に原爆ドームに行きましたが
周辺を歩いている時とは空気感が変わりますよね。

広島の災害をテレビで見た時はビックリしました。
被災された方々に元気な笑顔が戻るように
願いたいと思います。
いちごういちえ
2014/09/08 22:02
広島へ行かれていたんですか。
忘れてはいけない歴史ですよね。
心無い発言をする方が多いのには心が痛みますね。
イッシー
2014/09/09 06:07
広島のフォト、何が最初に来るかなと思っておりましたら
原爆ドームなんですね。
私はじつはここに行ったことがありません。
この建物の前に立ってどんな感慨を受けるのか…実際に行ってみたいです。
広島ではほかに何処へ行かれたのでしょう^^
次も楽しみにしています(^−^)
ぽとす
URL
2014/09/13 09:13
私も広島へは2度行ってます。原爆資料館を初めて見学したときの衝撃は今でも忘れることができません。
降魔成道
2014/09/14 22:35
☆suikoushiyaさん
こんにちは。
息子さんのお住まいは広島でしたか・・・お見舞い申し上げます。
度重なる災害、明日は我が身かもしれません。備えあれば患いなし、災害に対する意識をしっかりと持っていないといけませんね。先人のアドバイスは聞いておいた方がよいですね。
アリーヌ
2014/09/15 00:21
☆miyo さん
こんにちは。
楽しい旅行でしたが、ブログにアップするのも躊躇するほどの災害で心が痛みました。

miyoさんのご両親は、原爆被爆者でしたか・・・想像を絶する苦しみだったでしょうね。体験を記録しておくことは貴重ですね。それが自分の先祖であれば尚更です。そのような個人の努力が報われて欲しいです。
アリーヌ
2014/09/15 00:28
☆いちごういちえさん
その節は、有益な情報をありがとうございました!
楽しい旅でしたが、すぐに災害が起こってしまい機を逸してしまいました。

空気が変わる・・・本当におっしゃるとおりです。
次代を生きる息子もいろいろ考えたようです。
アリーヌ
2014/09/15 00:33
☆イッシーさん
戦争の記憶を持っている人がほとんどいなくなって、戦争が近くなっているような気がしてなりません。
言論の自由は大事なことですが、人を傷つけてもなんとも思わない残酷な人が多い事に驚き、悲しくなりますね。
アリーヌ
2014/09/15 00:46
☆ぽとすさん
そうですね、日本人として生まれたからには原爆ドームを見ずして・・・という思いに駆られて訪れてみました。
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace
イマジンのフレーズが浮かんできました。

次は宮島の写真をアップしようと思っています♪いろいろ回りました!
アリーヌ
2014/09/15 00:54
☆魔成道さん
長崎と鹿児島の知覧特攻平和会館はかつて訪れたことがありましたが、広島は初めてでした。同じ日本でありながら、生えている木や草花も違うのでまるで異国のようですね。瀬戸内海独特の匂いも自分が知っている海の匂いとは違い、不思議な感じでした。
アリーヌ
2014/09/15 01:07
あの惨劇を直に感じられるところが・・・ここしか無くなってしまったようですね。
人の記憶もしかり・・・「歴史は繰り返される」という事を阻止するには何をすればよいのか?
国内だけでは限界がありますね・・・
宮星
2014/09/17 23:45
☆宮星さん
お返事遅くなりました。ごめんなさい。
忘れてはいけないものも人は忘れてしまいますからね。
数年前の震災の記憶まで薄れつつあります。

日本人に生まれて、一度は見ておきたかった場所でした。念願かないました!
アリーヌ
2014/10/03 18:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2014年夏 広島へ 恋するように写真を撮ろう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる